スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Facebookのomiai

いや、すごいんだ。

唐突な書き出しかもしれない。

しかし、すごいんだ。

何がすごいって、Facebookのアプリomiaiである。

そう、日本の伝統芸能、いやさ、重要無形文化財と言っていい。
それとも日本のお家芸とでも言うべきか。

お見合いである。

何。

お見合いをローマ字表記しただけだ。

omiai。

しかし、これは単にローマ字表記したでけではない。

過去の、そう、上述のように伝統芸能とかした旧来のお見合いとはまったくもって似て非なるものなのだ。

いや、確かに形式を見ればお見合いという形をとっている。

形はたしかに、伝統的なお見合いのそれだ。

しかし、コンセプトはあくまでカジュアル。

ネットでの出会いである。

その点が旧来のお見合いとは一線を画しているのだ。

ネットでの出会いとなればその気軽さが仇となって、犯罪を助長しているのではないか?

そういう疑義を呈する向きもあろう。
(最近、iPS細胞の虚偽論文問題で「疑義」という言葉をよく耳にするようになったので、とりあえず使ってみた。私は意外とミーハーなのだ。はみ出し男子といってもよい。)

確かに、一時期は出会い系=犯罪の温床となっていた時期もあった。

しかし、それではねっとでの出会いが市民権を得る日は永久に来ないことを運営側もよくよく理解していたのだ。
ネットでの出会いの評判を向上するためサイト運営側も日夜努力を重ねてきたのだ。

例えば、犯罪を匂わせるような書き込みを削除する。
年齢確認を厳重に行う、など、社会的評価の向上のため涙ぐましい努力があったのだ。

そして、ネットでの出会いが市民権を得たことを示しているの現在の婚活ブームだろう。

婚活サイトの多くはネットから登録し、ネットでお相手を検索し、メールを交換し、そして出会うという形式を撮っている。

これは元来の出会い系サイトのシステムをそのまパクっているといっていい。
というか、出会い系サイトがいつの間にか婚活サイトになっていたというパターンもあるくらいだ。

そう、そして婚活サイト、婚活サービスの最終型として登場したのがこのomiaiなのだ。


omiaiはフェイブックのデータを用いてプロフィールを作成する。

これが何を意味するのか、お分かりだろうか?

そう。

つまり、身分の偽証ができないのだ。

Facebookが実名登録である以上、「てへ、40歳サバ読んじゃった」みたいな大技をかますことは著しく困難なのだ。

これはネットでの出会いにつきまとう不安、すなわち相手の身分が保証されないという最大の不安を解消する最も有力な手立てのひとつとなりうるだろう。

Facebookのアカウント自体を偽造されるという可能性も無きにしもあらずだが、その点の心配は不要だ。

なぜなら、omiaiのプロフィールにはFacebookの上での友達の数が表示されるからだ。

すなわち、極端に友達の数が少ない場合、虚偽でアプリを利用する目的のためにFacebookアカウントを作ったことが容易に推測されるのだ。

まぁ、実際問題としてその人がまじめにFacebookをやっていたとしても、友達が3人しかいないような人と付き合いたいと思う人がいるかどうか、という基準で判断してもらっても差し支えないかもしれない。

しまった!!

僕は友だちが少ないんだった!!

いらんことを描いてしまった。

上の数行は見なかったことにして欲しい。

とにかくこのFacebookアプリomiaiであるが、今現在蜂の子を落とす勢いでうなぎのぼりだ。
そろそろ滝を登り切って龍になるかもしれない。

あれ?龍になったのは鯉だったか。

恋活だけに。

なんちゃって。

omiaiの今後の挙動、一挙手一投足の注目していきたい。

注目しすぎて、見たかったドラマを忘れてもいいくらいだ。

ひさびさに更新

久々の更新である。

久々じゃない更新が最近ない気がする。

便りがないのは良い知らせだと思っていただきたい。


最近はいろいろやっている。
色々やりすぎて何屋さんなのかわからないくらいだ。

はじめての読者者おられるだろうから説明しておくと最近はニートとは呼べなくなってきている。
明らかに働いているからだ。
まぁ、働いているといっても何も生み出していないので、その点はニートといってもいいかもしれない。
何も生み出していないので必然的に収入も得ていない。

タダ働きザイバンザイ!

最近、クライアントのホームページをリニューアルすることにした。
というのは、完全に此方側の都合で、ビルダーはメンテナンス性が悪すぎてホームページの更新なんてやってられないのだ。
これから、ちょっとホームページ作ろうかな、なんて思ってる人に一言だけ言っておこう。
ホームページビルダーだけはやめておいたほうが良い。
ホントに。
ペラペラのホームページで良いという人はビルダーでも良いが、まともなものを作ろうという人は絶対にアレに手を出してはいけない。
地獄を見ることになる。

久々の更新には理由がある。
クライアント様のホームページが上がってこないので影ならこのブログからリンクパワーを送ろうというわけである。
ほんとはブログの記事もちょっとは気にしたほうがいいのだがね。
まぁ、いいいだろう、そのへんは。

ではこのへんで。
また会いましょう。
(いつになるかわからないが・・・。)

佐賀の大工 梅村建築

頑固な大工

更新していなかった。
まじで。
ついにスポンサー広告(この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています)を表示される自体に陥った。
(「陥った」と言うほどのことでもないだろう)

なので、危機感をいだいて更新しているのかというとそういうわけでもない。
ちょっとしたり理由があるなりよ。
理由がなければ更新されないブログになってしまうのだろうか・・・。
我ながら不安である。


最近は、ホームページ作製に東奔西走していた。
(実際にはパソコンの前に座って、キーボードを叩いていた。)

そして、これが完成したホームページである。

佐賀の大工 梅村建築

初めて人のホームページを作ったのでなかなか態変だった。

この大工さんのホームページはワードプレスで作ったのだが、
なんと!
テンプレートの類は一切つかっていない。
一から自分で作った。

まぁ、態変だった。
HTML+CSSでデザインするだけで1ヶ月くらいかかった。
何度やっても表示がおかしいぜー、とか、もうそれはそれは七転八倒の繰り返しだった。

更にその後、PHPで書きなおすのがトテツモナク態変・・・・・・・・ということはなく、僕もこの作業死ぬほど難しいんじゃね、と思っていたのだが、やってみたら2日ほどで終わった。
あらまぁ。
実際、どこかのテンプレートから必要なコードをコピーして貼り付けただけだったので、そんなたいして難しくはなかったのだ。
しかし、次に作るホームページではPHPとQSLの連携で表品管理システムを作ることになっているので、おそらくこうは行かないだろう。
だって、商品管理システムなんてテンプレートであるわけがない(需要が少ないからだ)ので自前でコードを書くしかない。
腕の見せ所である。
見せるような腕があるのか、というツッコミは真摯に受け流そう。

なにはともあれ、この大工さんのホームページはなんとか完成までこぎつけた。
デザインは自分でもなかなかかっこよくできた、と思っているのだがいかがだろうか。

あ、しまった完成してない。
実は施工例のページはワードプレス標準のギャラリー機能を使って作ったのだが、これがまずい。
どうまずいのかというと、画像をクリックすると別ページで画像ファイルを表示してしまうのだ。
なんとかポップアップで表示されるようにしようといろいろ、時間にして30時間ほど試行錯誤したのだが、どうにもうまくいかない。
ライトボックス系のJqueryプラグインの有名所を片っ端から試したのだがダメだった。
どうやらプラグインが全く動作してないっぽいのだが、原因が全くもってわからない。
おてあげ、ネコも杓子もない状態とはこのことだ(日本語として不適)

なので、早く修正したいとはおもっているのだが、どうしようもないので放置している状態である。
ダレカタスケテ・・・・・(;´Д`)

一人でやるのがそろそろ限界なんだよな。
誰が聞ける人を見つけないと。
どこかでWEBデザイナー系のこみゅにてぃがないかしら。

ブログを更新していないので、読者様方(というほど毎回読みに来てる人はいるのだろうか、いや深く考えないようにしよう)には、とろぐー死亡の疑いとか、いろいろご心配をおかけしたことだろう。
私はなんとか今日も生きております。




今回のお仕事
佐賀の大工梅村建築ホームページ

「WordPress関数リファレンスガイド」 レビュー



WordPress関数リファレンスガイド
藤本 壱  著


ワードプレス関連の本は2冊目だ。
最初に買ったのは「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書」だ。
この本、なかなか良かったのだがPHPのコードについての細かい解説はなのが惜しかった。
惜しかったというか、そんな細かいことまで書いていたら本がとんでもない厚さになって誰も読まなくなっていただろうから、そのあたりの細かい内容を省いたのは適切だったと思う。
しかし、僕としてはこのコードはなんでこう書くの?ってところが知りたい場面に多々遭遇した。
そこでPHPをしっかり1から勉強しようとこの本を買った訳である。

なぜ、PHPの基本を学ぼうというの者が「リファレンスガイド」を買うのか不思議に思われたことだろう。
実はこの本の冒頭で「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」というPDFが案内されていた。
立ち読みの段階でこのことに気づいたので、これで基礎的なことを勉強しようと思ったわけである。
この「wordpress関数リファレンスガイド」も、かなり実例が豊富でわかりやすそう、かつつまづきやすいポイント等がしっかり解説されていて好印象だった。
そこで、「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」と「wordpress関数リファレンスガイド」の二本立てでPHPの勉強をしようと思ったのだ。
もともとPHPは勉強しなければと思っていたのだが、どうせwordpressでしか使わない可能性が高いのだから、wordpressに特化したPHPの教材がないかと探していたところだった。
願ったり叶ったりだった。

ふふふ。
まだ、読む前からレビューなんぞ書いているのはブログで紹介したら「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」が300円引きなのだ。
300円引きにつられて記事を書いてしまう経済感覚が悲しいところではあるが、もともと「wordpress関数リファレンスガイド」の方は気に入って買ったので、あながち300円に釣られただけとも言えない。

実際に読んでみて思うところがあったらまた追記するかもしれない。




久しぶりである。

前にこの書き出しは使ったので、今度はタイトルに持ってきてみた。

・・・・。
・・・・・。
・・・・・・。

ほんとに久しぶりである。
多忙を極めていた。
左之助に「極めるとはこういうことだ!」と言い放ってやりたいくらいに極めていた。
(しかし、パワプロはやってたぞ、こいつ(陰の声))

ホームページを更新したり、田植えをしたり、ゴーストライターになったり、竹山を丸裸にしたり、展示会のカメラマンをしたり、白のツーシーターのバンパーを凹ませたり、PHPの勉強をしたり、お姉さん(43)に心をときめかせたり、ホームページビルダーに罵詈雑言を浴びせたり、と波瀾万丈な6月だった。

ああ、好き放題書けるってなんて幸せなんだろう。
ゴーストライターとして活動している時にこんな文章書いたらクレームが来る。
自分のブログって素晴らしい。
もしかして、これからこのブログは僕のストレス発散の場になるのか。
うーむ、それはさすがに問題があるような。
読書感想日記、ってタイトルに書いてあるし。

読書といえば最近読んだ本に面白い本があった。
(忙しいと言いながら本なんか読んでる僕はダメ人間)

「職業としてのAV女優」という本である。

本のタイトルだから大丈夫だよな・・・。
アダルトフィルタにかかって警告とか来たらどうしよ・・・。

近々、書評を書くかもしれない。
(時間があれば)

「倍率25倍の超人気職業!」

とか

「日給3万以下、過酷な労働環境」

とか、

一般人が思い描いているAV女優像とはかけ離れた実態が赤裸々に語られている。

これからAV女優を志す人にはぜひ読んで欲しい一冊である。




さて、一仕事してから寝ますかな。
はたして納期に間に合うのか・・・!?

そう言えば、今の俺の状態はニートなのか?
確かに収入は0だが、これは働いていると言ってもいいような・・・。


<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。