スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「WordPress関数リファレンスガイド」 レビュー



WordPress関数リファレンスガイド
藤本 壱  著


ワードプレス関連の本は2冊目だ。
最初に買ったのは「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書」だ。
この本、なかなか良かったのだがPHPのコードについての細かい解説はなのが惜しかった。
惜しかったというか、そんな細かいことまで書いていたら本がとんでもない厚さになって誰も読まなくなっていただろうから、そのあたりの細かい内容を省いたのは適切だったと思う。
しかし、僕としてはこのコードはなんでこう書くの?ってところが知りたい場面に多々遭遇した。
そこでPHPをしっかり1から勉強しようとこの本を買った訳である。

なぜ、PHPの基本を学ぼうというの者が「リファレンスガイド」を買うのか不思議に思われたことだろう。
実はこの本の冒頭で「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」というPDFが案内されていた。
立ち読みの段階でこのことに気づいたので、これで基礎的なことを勉強しようと思ったわけである。
この「wordpress関数リファレンスガイド」も、かなり実例が豊富でわかりやすそう、かつつまづきやすいポイント等がしっかり解説されていて好印象だった。
そこで、「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」と「wordpress関数リファレンスガイド」の二本立てでPHPの勉強をしようと思ったのだ。
もともとPHPは勉強しなければと思っていたのだが、どうせwordpressでしか使わない可能性が高いのだから、wordpressに特化したPHPの教材がないかと探していたところだった。
願ったり叶ったりだった。

ふふふ。
まだ、読む前からレビューなんぞ書いているのはブログで紹介したら「wordpressで学ぶPHPとMyQSL」が300円引きなのだ。
300円引きにつられて記事を書いてしまう経済感覚が悲しいところではあるが、もともと「wordpress関数リファレンスガイド」の方は気に入って買ったので、あながち300円に釣られただけとも言えない。

実際に読んでみて思うところがあったらまた追記するかもしれない。




スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。