スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

久しぶりである。

前にこの書き出しは使ったので、今度はタイトルに持ってきてみた。

・・・・。
・・・・・。
・・・・・・。

ほんとに久しぶりである。
多忙を極めていた。
左之助に「極めるとはこういうことだ!」と言い放ってやりたいくらいに極めていた。
(しかし、パワプロはやってたぞ、こいつ(陰の声))

ホームページを更新したり、田植えをしたり、ゴーストライターになったり、竹山を丸裸にしたり、展示会のカメラマンをしたり、白のツーシーターのバンパーを凹ませたり、PHPの勉強をしたり、お姉さん(43)に心をときめかせたり、ホームページビルダーに罵詈雑言を浴びせたり、と波瀾万丈な6月だった。

ああ、好き放題書けるってなんて幸せなんだろう。
ゴーストライターとして活動している時にこんな文章書いたらクレームが来る。
自分のブログって素晴らしい。
もしかして、これからこのブログは僕のストレス発散の場になるのか。
うーむ、それはさすがに問題があるような。
読書感想日記、ってタイトルに書いてあるし。

読書といえば最近読んだ本に面白い本があった。
(忙しいと言いながら本なんか読んでる僕はダメ人間)

「職業としてのAV女優」という本である。

本のタイトルだから大丈夫だよな・・・。
アダルトフィルタにかかって警告とか来たらどうしよ・・・。

近々、書評を書くかもしれない。
(時間があれば)

「倍率25倍の超人気職業!」

とか

「日給3万以下、過酷な労働環境」

とか、

一般人が思い描いているAV女優像とはかけ離れた実態が赤裸々に語られている。

これからAV女優を志す人にはぜひ読んで欲しい一冊である。




さて、一仕事してから寝ますかな。
はたして納期に間に合うのか・・・!?

そう言えば、今の俺の状態はニートなのか?
確かに収入は0だが、これは働いていると言ってもいいような・・・。

スポンサーサイト

タッチパネルの天敵現る!

うちのデスクトップパソコンはタッチパネルを搭載している。
手で触るだけで操作可能、マウスなんて不要さ!
・・・とはなっていない。

第一に画面が遠いので手を伸ばすのが面倒くさい。
(すぐに手を伸ばせる距離にパソコンを置くと近すぎて見づらい)
第二にマウスで操作したほうが明らかに速い。
タッチしようとすると腕全体を動かさなければならないが、マウスの操作なら手首から先だけでよいからだ。
iPhoneのユーザーインターフェイスをタッチパネルにしたのは革新的選択だったと思うが、デスクトップパソコンにタッチパネルを搭載するのはどうにも無用の長物感がある。

実は購入以前からタッチパネルを使わないことは予想していたのだが、購入をめぐる骨肉の争いの結果、無駄に高機能なタッチパネル搭載モデルを購入する結果となった。
HPのキャンペーンでスペックの割にはかなりの安値で買えたのだが・・・。
(詳しいことはグロいので割愛)



最近暑くなり、タッチパネルに思わぬ天敵が出現した。

ハエである。

これは購入前にはまったく予想していなかった。

そう、ハエが画面にとまるとタッチパネルが作動するのだ。
突然、マウスポインタ消えたと思ったら、画面の端のほうでハエがポインタを操っていた。
タッチパネルの感度は大したもので、ハエの移動に合わせてポインタもちゃんと移動する。

うざい・・・。
うざったいことこの上ない。

今のところ、ハエにマウスポインタの支配権を乗っ取られる以上の被害は起こっていないが、この状態が続くと大事故が起こる可能性がある。

例えばネット碁の対局中にハエが勝手に次の手を打ってしまうとか。
重要なファイルををハエが上書き保存で消してしまうとか。

想像しただけで恐ろしい。
これだけ文明の発展した世の中にあってコンピューターをハエに支配されるとは。
早急に対策を取らねばならない。

この問題への対処方は2つ。

1つはハエを駆除すること。
もう一つはタッチパネルを切ることだ。

ハエを駆除するのが衛生面から考えても一番良い解決策なのだが、今年はなぜかハエが多い。
例年より明らかに多い。
窓を開けっ放しにしていると、部屋の中がハエの牙城と化していることもしばしばだ。
発生が例年並みに戻ったとしても、神出鬼没なやつを完全にシャットアウトすることは不可能に近い。

つまり、ハエにマウスポインタの支配権を渡さないためにはタッチパネルを切るのが最も効果的だと言うことになる。
さすがのハエもマウスを操作する程の力はないので、タッチパネルをオフにしてしまえば手は出せないだろう。

しかし、せっかくタッチパネルが付いてるのに切ってしまうのはもったいない気もする。
実際、タッチパネルがオンになっていても使ってないのだから切ってしまっていいのだが、もし何かの拍子にふとタッチで操作しちゃおっかな、とか思い立った時にオフにしていたことを思い出してがっかりすることがあるかもしれない。
使っていなくても常に使える状態になっていることに意味があるというか・・・。
切ってしまうとタッチパネルの分のお金を丸々損した気分というか・・・。

ハエから致命的な攻撃を受ける前に切った方がいいとは思うのだが・・・。

↓記事が面白かった方はクリックしてあげてください






| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。