スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

超高速ニュートリノは間違い?

世紀の大発見か!?と科学界を震撼させた超光速ニュートリノ。
どうやら間違いだった可能性が出てきた。
以下、日本経済新聞より引用。

米科学誌サイエンスは22日付電子版で、名古屋大学などが昨年発表した素粒子ニュートリノが光より速く進むとの実験結果は、装置の接続不良による誤りだった可能性があると報じた。光より速いものはないとするアインシュタインの相対性理論を覆す内容として議論を呼び、研究グループが検証作業を続けていた。

観測結果は昨年9月、名古屋大などの国際共同チームが発表した。スイス・ジュネーブの欧州合同原子核研究機関(CERN)からニュートリノを発射し、約730キロメートル離れたイタリアのグランサッソ研究所にある観測装置で検出した。約1万6000回のデータから、ニュートリノは光よりも60ナノ(ナノは10億分の1)秒早く到達し光速を上回ったと結論づけた。

米サイエンス電子版は、この実験に精通した研究者の指摘を掲載。それによると全地球測位システム(GPS)につながった光ファイバーと、コンピューターの電子カードとの接続が悪かったため測定結果に誤りが出たという。接続不良による到達時刻のずれを調べると、ちょうど60ナノ秒だった。ただ、結論を出すにはさらに確認作業が必要だとしている。



記事にも書かれているように相対性理論によれば、光よりも速く動く事のできるものはないとされてきた。
光速を超えると時間が逆流してしまうからである。(詳しいことは僕も知らないので割愛)

もし光速よりも速く動くことのできるものがあるとすればアインシュタインの相対性理論が間違っていたことになり、歴史がひっくり返るような大事件になる。
多くの研究者は相対性理論が正しいものとして研究を行い、その上に新たな理論を構築しているからだ。
相対性理論が誤りだとすれば現代物理学の土台が崩壊する事になってしまうのである。

なので、超光速ニュートリノ発見の報告には当初から懐疑的な意見が多かった。
僕もおそらくは測定誤差による誤りではないかと思っていた。(ねらーじゃないけど)

科学実験には誤差がつきもので、100%正確な値というのは得られない。
そこで、得られた数値を解析してそれが意味のある数値なのか、単なる誤差なのかを判断するわけである。
誤差解析を正しく行えないと、世紀の大失態をやらかしたり、逆に世紀の大発見を見落としたりすることになる。

どうやら今回は前者のようだが…。

元ネタ記事


光速ニュートリノは間違いだと思う人はクリックしてあげてください
スポンサーサイト

自転車の交通事故

NHKの朝のニュースによると、自転車の事故が増加しているらしい。
自転車で人をハネて死亡させる事故も去年5件起きているとのことだった。
(ちなみに交通事故全体の死者数は減少を続けていて、去年の死者数は4,611人→ニュースサイト

環境にも健康にもよい乗り物として自転車に乗る人は近年増加しているようだ。
しかし、去年頃からに自転車の運転マナーの悪さや、違法なピストバイクの問題がたびたびマスコミに取り沙汰されるようになった。

僕自身、スポーツタイプの自転車に乗っている。
普通の人に比べるとかなり自転車に乗る方だと思う。
だから自転車事故増加の話は人事ではない。

自分では安全運転な方だと思う。
というか、他の人の自転車の運転を見るかぎり、僕よりマナーのいいライダーなんていないんじゃないかと思ってしまう。

僕は基本的に歩道は走らない。
スポーツタイプの自転車でかなりスピードがを出すので、歩道を走るのは危なすぎるのだ。
歩行者をはねる危険性があるのはもちろんだが、歩道は段差が多いためスピードを出すと自分がひっかかってコケる危険性もある。
何らかの事情で歩道を走らざるを得ない場合でも、絶対に歩行者を優先している。
歩行者を無理に抜こうとしたり、後ろからベルを鳴らしたりはしない。

僕の感覚では9割以上の自転車が上のことを守っていないのではなかろうか。

あと、一時停止は絶対に守っている。
自転車は「車」なので自動車同様、一時停止の標識があれば一旦停止しなければならない。
はっきり言って、一時停止無視は信号無視並(あるいはそれ以上)に危険だと思う。

以前に見通しの悪い交差点で一時停止無視の自転車に危うくぶつかりそうになったことがある。
こちらが優先だったのでスピードを落とさずに直進したら、一停無視の自転車が飛び出してきたのだ。
事故にならなかったからよかったものの、かなり怖い思いをした。
以来、見通しの悪い交差点ではたとえ一時停止の標識がなくてもスピードを落すようにしている。

歩道を我が物顔で走ってる自転車と同じくらいに一時停止を守らない自転車は多いと思う。
死にたくなかったら一時停止は守るべきだ。
自動車のドライバーは一時停止のところから自転車が飛び出してくるとは思っていないのだから。

日本の自転車の運転マナーの悪さについて散々書いたが、実際には日本はかなり運転マナーがいい方だと思う。
中国とかアジアの国に行ったことのある人なら分かると思うのだが、あっちでは、ここは無法地帯か!と言いたくなるくらい誰も交通ルールを守らない。
何しろ、赤信号に平気で車が突っ込んだり、歩道をスクーターが走ったりしている。
他の外国と比べて日本の交通事故死亡者が少ないのは日本人のマナーがよいからだろう。

かと言って、今以上に運転マナーを向上しなくて良い、ということではない。
交通事故の死者は出ないに越したことはないのだから。


自転車運転マナーを向上しようと思った方はクリックしてあげてください

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。