スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

森博嗣 『εに誓って』 感想

純粋さを保ったまま、生きていこうとしていた。
どちらかを捨てるべきだったのだ。
(本文より)





『εに誓って』
森博嗣 作

バスジャック。
犯人は都市部とバスに爆弾を仕掛けたと宣言する。
バスに偶然乗りあわせてしまった山吹早月と加部屋恵美。
乗客名簿に記されていた団体名は「εに誓って」。
一連の事件に現れるギリシャ文字は何を意味するのか。
謎を抱えたまま、バスは疾走する。

Gシリーズ、『φは壊れたね』から順に読んできてこれが4作目だが、最高傑作である。
(うわ~、最高って言っちゃたよ)
とにかく、思わず最高傑作だと言ってしまうほどに面白かった。

まず、トリックだ。
久々に完膚なきまでに騙された。
ゆえに謎解きの場面の爽快感は尋常ならざるものがあった。
『τ』では狐に抓まれた様な感じだったが、今回はガチ。
もう、これぞミステリーって感じである。
いや、もちろんその可能性を考えなかったわけではないのだが、なんていうか、これは仕方ないよね。
だってね。
だってね…。
あー!!
とにかく、 読めば分かる!

そして、『有限と微小のパン 』以来、鳴りを潜めてた森氏の文学的表現というか、詩的表現が今回はふんだんに盛り込まれていたことも嬉しかった。
『有限と微小のパン』のクライマックスはホントすごかったからね。
言葉の持つ綺麗さを知った瞬間だった。
厨二病だからこういうの好きなんだよ。

さて、Gシリーズ第1作の『φ』を読んだときは正直あんまり面白くなくて、このシリーズ大丈夫なのか、と心配になったのだが、回を重ねるごとにどんどん面白くなってきた。
『ε』でいったん臨界に達したと言って良いのではないだろうか。

ここで思い出したのは、森博嗣の一番最初のS&Mシリーズだ。
このシリーズ、第1作は『すベてがFになる』であるが、書かれた順番としては『F』は4番目で、デビュー作にインパクトのあるものを持ってくるために第1作になったという経緯がある。
森氏としては1作目から徐々に面白くなっていって『F』で大きく盛り上がることを想定していたらしいが、出版の都合でそれが出来なかったのである。
(このことはどこかで森氏が言っていた)
つまり、S&MシリーズでやれなかったことをGシリーズでやったのではないかと、僕は思うのだ。

Gシリーズは全12作の予定らしいが
今後、同展開していくのか。
ギリシャ文字に込められた意味は何なのか。
気になって仕方がない。

そういえば、萌絵ってこんなお姉さんキャラだったけ?
S&Mの頃はそんなことなかったと思うんだけど….



本作は自殺に関する考察も深い。
森博嗣の作品だと『迷宮百年の睡魔 』あたりでも自殺に関する哲学的議論がなされている

世間では自殺はよくないことだと言われている。
本当にそうなのか?
自殺は許されないことなのか?

家族が悲しむから?
病気で長く生きられない人がいるのに自ら命を絶つのは不謹慎だから?
人がひとりいなくなることによる社会的損失があるから?

じゃあ、

家族がいなければ死んでいいの?
余命が宣告された後なら死んでいいの?
社会的に役に立たない人間なら死んでいいの?

自殺してはいけない理由が無数に考えられるように、
自殺して良い理由も無数に考えられる。

僕は死にたいと思ったことのある人間が普通だと思う。
むしろ、死にたいと思ったことのない人間の方が異常なんじゃないのか?
どうしようもなくなったら死ねばいい。
そう思えるから、なんとか今日を生きていける。
そんな気がするのだ。


最後に本文より

だけど、死のうと考えることは、きっと自由なのだ。
それを考えられることは、人の尊厳の一部。
考えても良い。
考えるべきなのだ。
そして、考えても死なないことに、価値があるのではないか。
結果として、死ななかったことに、価値があるのではないか。



記事が役に立った方はクリックしてあげてください

 
スポンサーサイト

森博嗣 『τになるまで待って』 感想

『惨劇は、人知れず最初の小さな亀裂を生じさせる。そして、誰も気づかぬ内に四方へその先端を伸ばす。既に不可逆。破滅が目に見える頃には、もう最終段階。ぱんと弾け飛ぶように、一気に周囲へ拡散し、形を消すことで露わになる。』(本文より)



“超能力者”神居静哉が住む洋館【伽羅離館】。
深い森の中に建つこの館で探偵・赤柳初郎、海月、加部谷らは神居の“超能力”を目撃する。
そしてその夜、神居が密室で殺される。
彼が死の直前に聴いていたラジオドラマ『τになるまで待って』
ギリシャ文字のもつ意味は何なのか?
謎が加速してゆくGシリーズ第三作。



見事なミスダイレクションと、シンプルなトリック。
さすがは森博嗣だと思う。
人によっては肩透かしを食らったように感じることもあると思うが、この読者を食ったようなやり方が森博嗣なのである。
ミステリーファンがどこに重点をおいて物語を読むのか。
それを知り尽くしているからこそできるミスダイレクション。
これだけ沢山の本を出していて、まだ読者を騙せる森博嗣が怖い。
本当に底が見えない作家だと思う。

Gシリーズもこれで三作目になり、だいぶキャラが型に付いてきたと感じる。
可部谷のおしゃべりも海月のだんまりも魅力的になったなー、と。
一作目に比べるとだんだんキャラが出てきたような?
うーん、気のせいかもしれない。
(『φ』を読み返せば分かるかも)

ていうか、海月って萌絵のことが好きなの!?
可部谷に指摘されて、だんまりさんが急にしゃべりだすあたり、かなり怪しいんだが…。(←邪推)

萌絵と犀川も仲良くやってるみたいだし、言うことなしだー、と思っていたらラストに睦子おばさまから爆弾発言。

『年季は入っているようですけれど、私の目はごまかせませんよ』

マジで!?おばさまはヤツの正体を知っている!?
今後の展開から目が離せない。

(冒頭に引用した文がシリーズ全体の展開を暗示していると思うのは深読みし過ぎだろうか…)



海月が萌絵をどう思っているのか気になる人はクリックしてあげてください

 

森博嗣 『θは遊んでくれたよ』 感想

『シータとは、あなたと私の関係です』(本文より)




マンションから転落死した男性の額には「θ」という文字が書かれていた。
その後も、死体に「θ」が記された自殺と思しき事件が次々と起こる。
果たしてこれらの事件は一種の集団自殺なのか?
あるいは、自殺に見せかけた他殺なのか…?
緩やかに深まりゆく謎。
Gシリーズ第二弾!


『φは壊れたね』に比べると 俄然、面白くなってきた:(;゙゚'ω゚'):
僕の大好きなラヴちゃんも登場するし。
ラヴちゃんはほんと『有限と微小のパン』以来だね。
あのヤンチャというか女の子らしからぬ喋り方がツボなのです。
あれ?でもラヴちゃんもの一人称は「僕」だったっけ?
記憶違いでなければ以前は「俺」だったと思うのだが。
何か、心境の変化でもあったのだろうか?
彼氏が東京に行っちゃったせいか。(←邪推)

さて、本丸のトリックだが、『φ』よりもかなり解き甲斐がある。
ミスダイレクションが利いていてなかなか読者を正解にたどり着かせないような仕掛けがしてある。
さすがは森博嗣。
なかなかよい頭の体操になった。

え?僕は解けたのかって?
ふふふ、7割くらい解けたと言っておきましょう。

本作でなにより嬉しかったのは犀川と萌絵のラブラブシーンだろう。
もう、ニヤけた顔がしばらく戻らなかったもんね。
萌絵が酒持ってラヴちゃんの研究室に突撃して来て何事かと思ったら、犀川先生…またやらかしちゃったんですね(;´∀`)
でも、そのあとは…。
ふふふ、キャー(ノ´∀`*)

本編とは関係ないのだが、文庫版に載ってる清涼院清水の解説がなかなかよかった。
以下抜粋

『今回の解説を書かせていただくにあたり、無心の禅僧になったつもりで、今までの予備知識を全部捨てて、本書「θは遊んでくれたよ」を再読しました。すると、諸独の時には「森先生の作品だから、きっと、すごいミステリィだぞ」と身構え過ぎて、せっかくの魅力を素直に味わえていなかった自分に気付かされたのです。』


まったく、耳が痛い。
何の前知識もなく小説を読むことは不可能なのだが、それでもできるだけ無垢な読者として作品を味わうことが最良の読書なのだなと再認識。
まぁ、邪推しちゃうんだけどね。

そうそう、登場人物で驚いたといえば、あの胡散臭い探偵さんも出てきのです!
正直、名前が出てきた瞬間、椅子から落っこちそうになった。
ものすごい不意打ちだった。

また、これから懐かしの面々が登場することがあるのだろうか。
次が楽しみなGシリーズである。


萌絵と犀川のラブラブシーンが好きな人はクリックしてあげてください


 

森博嗣 『φは壊れたね』 感想

『あのビデオのタイトルは《壊れたね》であって、決して、《壊したね》ではなかったということだ。』(本文より)




Gシリーズ第一作。
異様にデコレーションされた密室の中で、
その死体はYの字に吊るされていた。
死体発見の一部始終を録画したビデオ。
それは「φは壊れたね」と題されていた。


ついに手を出してしまったGシリーズ。
森博嗣の作品はS&M、V、四季、百年シリーズ、を既に読んでいる。
森作品の特徴のひとつとして、昔のシリーズに出てきた人物たちがずっと登場し続けることがあげられると思う。
やーもう、『すベてがFになる』 からずっと読んでるとね、犀川と萌絵の仲がどうなって行くのか気になって仕方がない訳ですよ。

このGシリーズでは国枝桃子が助教授とした赴任したC大の研究室も面子(萌絵もいる!)が事件に挑むという構図になっている。
もちろん、犀川も出番は少ないけどちゃんと登場する。
ふふふ、森作品を読み続けている僕にはたまらんのです(((( ;゚д゚))))

で、読後の感想。
うーん、もしかすると僕は森博嗣の密室に慣れすぎたのかもしれない…。
森博嗣ならこうするでしょ、などと邪推しながら読んでいたらビンゴだった。
森作品を未読の方にならかなり新鮮に映ると思うのだが、如何せん、読み続けてきているだけになんかマンネリというか…。

いつも森博嗣は本筋のトリック以外の部分、例えば登場人物の人間模様(というか犀川と萌絵の恋愛模様)や会話でも作品に引き込んでくれるのだが、本作はその辺もイマイチだった感が拭えない。
まだ新しい登場人物に慣れていないせいもあるのだろうか。
僕として言いたいことは、

もっと犀川と萌絵の絡みを増やせー
(↑森ファンの妄言)

森博嗣は、すべての作品が傑作ではつまらない、箸休め的な作品も必要、という趣旨のことを言っていたと思うが、今回は箸休めだったんだろうか。
しかしシリーズ第一作が箸休めってどうよ?
前菜ってことか?

シリーズを通しての伏線や謎が森作品のおもしろさでもあるし、もしかしたら本作にもとんでもない伏線が埋めこまれているのかもしれない。

きっと、これからすごいメインディッシュが出てくることを期待しつつ、続刊に向かうのであった。

(でも、森博嗣未読の方はやはり『すベてがFになる』 から読まれるのがよいかと)


↑うっかり最後まで読んでしまった方はクリックしてあげてください

 

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。